ホーム > 転職 > 障害厚生年金

障害厚生年金

障害厚生年金は1級~3級まであります。障害厚生年金の1級、または2級に該当した人間は、定め事として、同一クラスの障害基礎年金が供給されます。あわせて、障害厚生年金には1級~3級に該当しなくても、一とき金として障害手当金が供給されるケースがあります。

特恵比例の恩給金額については一きわ問い合わせが多くの要素ですが、まず、見つもる式の大雑把な意見を書き表わすと、「初診日から1年半時点(障害認定日時点)までの厚生年金の加盟継続期間(平成27年10月以降に受給権が発生する場合は、共済組合の加入期間も含む)における標準報酬月額(社会保険上のサラリーの登載額)や規準ボーナス額(社会保険上の賞与金の記載額)の総額から、その方の平均値月収(平均標準礼金額)を導き出し、5.481/1,000といった係数を掛け、さらに上記時期における被保険者月数(300月未満の事例は300月に見なして見積もる)を掛けて割出す老齢厚生年金の退職年金額(平成15年4月以降の期間のみで本来水準による)」ということになります。

野村正の傷病手当金・失業保険・障害厚生年金受給マニュアル